「使ってみました」西播磨2デイフリーきっぷ|宍粟市へGO!

【ご注意】ご覧のページには、過去の「バス旅ひょうご」キャンペーン期間中に紹介した内容が含まれます。ご注意ください。



こんにちは。「バス旅ひょうご」事務局です。先日、所用で宍粟市へ行って来ました。姫路から宍粟市へ行く場合、自動車が多いのではないでしょうか。しかし自動車に頼っていては「バスオタク」の名に恥じる!ということで、バスを使いました。

姫路から宍粟市へ行くバスは、何系統かあります。ということは、行きと帰りで違う道を通ることができるのです。大阪から東京へドライブする場合に、行きは東名&(新)名神、帰りは中央道を使うのに似ています。これはテンション上がりますね!それでは乗ってみましょう。

フリーきっぷを購入!

himeji
神姫バスの姫路駅前案内所です。バス会社のWEBサイトでは、一部のページに掲載されている地図で間違った位置が表示されていますから気を付けてください! 正しい位置はバスターミナルにできた新しいビル・キュエル姫路の1階です。

では、ここで西播磨2デイフリーきっぷを買います。といっても発売開始すぐなので、窓口のお姉さんが知らなくて微妙な空気になったらどうしようという不安がよぎります。ただでさえ滑舌が悪いのに。もちろんドライブスルーの注文は通じた試しがありません。そんな超個人的な不安を抱えつつも、あくまで明るい観光客になりきって、「西播磨2デイフリーきっぷの大人券を1枚下さい」と言いました。

すると窓口のお姉さんはためらう様子もなく、桃色のカゴを取り出し、「こちらでよろしいですね」と西播磨2デイフリーきっぷを1枚出しました。私がうなずくと、次はガイドマップを取り出し「こちらは沿線のオススメなどが載ってますので、ご利用くださいね」と教えてくれました。さっきの不安は杞憂に終わりました。よかったです。

でも、支払いのタイミングでクレジットカードを出そうとすると、「申し訳ないんですが、現金のみになるんですよ」とやんわりと言われました。現金の持ち合わせがあってよかったです。うーん。やっぱりクレカは使えた方が便利だなーと思います。

行きは林田経由でGO!

harimarosen2

さて、おもむろにスマホで「神姫バスNAVI」にアクセスします。このサイトでどのバスがどこから出るかを調べることができるのです。

現時刻では、4番乗り場からの31系統が一番上に出てきました。これで行きましょう。31系統は林田経由。のんびりとした風景が楽しめました。

個人的に面白かったのは、「秘宝館」「喫茶オンボロ」などのちょっと昭和を感じさせる建物たち。いずれも営業しているようでした。そういえば、きっぷに押された日付スタンプも昭和風ですね。

車窓の写真も撮りたかったですが、ガラスに雨のものと思われるわっか状の汚れが(汗)写真を撮るのはちょっと難しい感じでした。仕方ないけど、ちょっと残念です。

帰りはは四辻経由でGOGO!

1時間ほどのんびりと車窓の風景を楽しみつつ、バスは宍粟市へ。用事を済ませ、帰りは41系統に乗ります。こちらは東側のルートを取り、東洋大姫路高校や書写山方面を経由します。

hatake

田園風景から徐々に街のそれに車窓からの景色が移り変わるなか、印象に残ったのは、姫路の町なかに残る古い建物群でした。姫路の街は空襲を受けた場所も多くありますが、このエリアは空襲を受けずに残ったのでしょう。

しかし時は流れて建物の多くは朽ち、廃墟と思われる家屋も。昭和の記憶は消えつつあるようです。途中で乗り込んできた学生さんたちを乗せ、ほぼ満員のバスは姫路駅に到着しました。

フリーきっぷ特典でお得!

姫路・宍粟(山崎)は普通運賃の往復で2,220円。単純に往復しただけで、ほぼ西播磨2デイフリーきっぷの元が取れました。姫路駅北口の宍粟市アンテナショップ「きてーな宍粟」では、フリーきっぷ特典で、このきっぷを提示するとコーヒーを1杯頂けます。宍粟をまるごと楽しむことができました。

たまの休日、さて、どこへ行こうかな?と路線図を見るだけでワクワクします。あまり知らない町に行くだけで旅になる。西播磨2デイフリーきっぷはそんなきっぷだと思いました。

宍粟市の「おすすめスポット」

(文/バス旅ひょうご事務局・uwajun)