月島ほたるの「バス旅ルポ」その3|城崎温泉・外湯めぐり編

【ご注意】ご覧のページには、過去の「バス旅ひょうご」キャンペーン期間中に紹介した内容が含まれます。ご注意ください。



9月1日にスタートした「バス旅ひょうご」に、バス旅を愛してやまないサポーターが登場!「但馬・奥播磨2デイフリーきっぷ」を使って旅するルポライターを買って出てくれました。r000-03

ルポライターは、6代目城崎温泉観光大使を務めた月島ほたるさん。旅してくれたのはフリーきっぷで回ることができるおすすめルートの一つ「但馬縦断路線バスの旅」。姫路と城崎温泉・神河町の間で2日間に8本のバスを乗り継ぐ上級ルートです。

旅ルポ「その3」の今回は、前回に続く城崎温泉編。温泉街のそぞろ歩きを楽しんでから宿へ入ったほたるさんが夕食後に再び外出。「外湯めぐり」で夜の風情を味わう様子を紹介しています。

kinosaki2

前回の旅ルポ「城崎温泉・そぞろ歩き編」はこちら
http://bustabi.info/report/report-002/

9月11日|日曜|昼も夜も城崎は楽しい!

kinosaki2-1

ロープウエーで温泉街へ下りてきたほたるさんが今回、泊まった宿は温泉旅館「三國屋」がプロデュースする「小宿 縁」。

月島さん:「若旦那が生産地からこだわって選んだ但馬牛を味わえる宿。炭火であぶった幻の但馬牛「但馬玄(たじまぐろ)」を地元産の海塩とワサビでどうぞ!肉のみならず食材すべてに若旦那のセンスが光ります」

月島さん:「三國屋さんの前にある人力車は自由に乗り込んで記念撮影できますよ!お姫様気分を味わおう!」

城崎温泉といえば……外湯めぐり!

城崎温泉の宿には内湯の設備もありますが、宿泊客の多くは温泉街に七つある公衆浴場「外湯」を巡って入浴することを楽しみにしているようです。

七つの外湯の全て、あるいはいくつかへお得に入浴するなら「城崎温泉外湯めぐり券」がおすすめ。料金は、大人=1,200円・子ども=600円。各外湯の窓口で販売しています。ICカード・おサイフケータイ版「ゆめぱ」も。

kinosaki2-3

月島さん:「七つの外湯は、どれも個性的。『一の湯』は城崎温泉の象徴的な外湯。温泉街の中心にあります。洞窟風呂が魅力的。その日、もっとも早く一番に入浴した人だけがもらえる一番札も、ぜひゲットしてください!」

kinosaki2-5

月島さん:「『柳湯』の前には足湯も。浴衣が映えるスポットなので、記念撮影もお忘れなく!」

kinosaki2-2

月島さん:「美人の湯として女性に人気がある外湯が『御所の湯』です。外観もすてきで、私もお気に入り!」

外湯めぐりの合間には…

kinosaki2-4

月島さん:「懐かしいゲーム・射的やスマートボールが城崎温泉では健在!
ついつい夢中になってしまいしたが。意外と難しい >_<  200円でチャレンジした射的では、ターゲットを3つ落とせました!*\(^o^)/* (←全然だめ)」

月島さん:「一休みなら、城崎温泉駅近くにある「コーヒーショップ ノバ」。落ち着いたレトロな雰囲気を味わいながらゆっくりできます。ミックスジュース(600円)は昔ながら濃厚な味わい。私のお気に入りスポットの一つです♡」

城崎温泉

城崎温泉ツーリストインフォメーション「SOZORO」

そろそろ宿へ戻りましょうか。次回は城崎温泉を旅立って、路線バスを乗り継ぎながら但馬の縦断を目指します!
(つづく)

旅ルポをまとめたURLはこちら!
http://bustabi.info/report/

—月島ほたるさんプロフィル—
6代目城崎温泉観光大使、ミスゆかたグランプリ。現在はフリーでモデルやタレント活動をしながら、得意の腕を生かしたハンドメイド作家として、さまざまな作品づくりにも携る。
■ オフィシャルブログ
http://s.ameblo.jp/hotarutsukishima/
■ フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009369200528
■ ツイッター
https://twitter.com/hotarururu09301
■ インスタグラム
https://www.instagram.com/hotaru0930/

「バス旅ひょうご」では、現在、兵庫県内4つのエリアで4つのフリーきっぷを提供中。工夫次第でさまざまなスタイルの旅を楽しむことができます。ぜひご利用ください!

但馬・奥播磨2デイフリーきっぷ

西播磨2デイフリーきっぷ

丹波篠山1デイフリーきっぷ

北淡路1デイフリーきっぷ

(文/バス旅ひょうご事務局・masa8an)