月島ほたるの「バス旅ルポ」その5|「ヨーデルの森」前編

【ご注意】ご覧のページには、過去の「バス旅ひょうご」キャンペーン期間中に紹介した内容が含まれます。ご注意ください。



9月1日にスタートした「バス旅ひょうご」に、バス旅を愛してやまないサポーターが登場!「但馬・奥播磨2デイフリーきっぷ」を使って旅するルポライターを買って出てくれました。r000-03ルポライターは、6代目城崎温泉観光大使を務めた月島ほたるさん。旅してくれたのはフリーきっぷで回ることができるおすすめルートの一つ「但馬縦断路線バスの旅」。姫路と城崎温泉・神河町の間で2日間に8本のバスを乗り継ぐ上級ルートです。

旅ルポ「その5」の今回は、ルポの2日目。城崎温泉から路線バス4本を乗り継いで但馬エリアを南北に縦断した月島さんは、さらにバスを乗り継いで奥播磨エリアへ。神崎農村公園「ヨーデルの森」へ立ち寄ります。

r4-3

前回の旅ルポ「城崎〜生野・路線バス乗り継ぎ編」はこちら
http://bustabi.info/report/report-004/

9月12日|月曜|播但国境を越えて神河町へ!

r5-9

生野駅裏→ヨーデルの森

13:27 生野駅裏|神姫グリーンバス|粟賀行き
13:33 ヨーデルの森

ヨーデルの森

ここから先は全但バスのエリアを外れ、神姫グリーンバスのエリアになります。生野駅前のバス停は全但が「生野駅西口」で神姫グリーンが「生野駅裏」。まったく同じ場所にあるのですが、名前が違うのが面白いですね。でも迷わないで!どうやら月島さんは、無事にバスへ乗り込めたようです。

b5-1

月島さん:「またバスに乗って、ヨーデルの森に到着!園内にはアルパカがいるそうです。アルパカが大好きな私はテンションアップ!!入場口で大きなアルパカのぬいぐるみが出迎えてくれました♡(Lサイズ=3,240円)」

b5-2

月島さん:「花いっぱい・緑いっぱいの園内は、なんだか空気もおいしく感じます。さっそく立ち寄ってみたのは「バードパフォーマンスショー」迫力満点のステージの途中で、観客から1人だけショーに参加するチャンスがあります。元気よく手を上げたら、お姉さんがわたしを選んでくれました*\(^o^)/*」

b5-4

月島さん:「タカキャッチにチャレンジ!名前をよんだら勢いよく空から私に向かって飛んできてかなり、、、びっくりしました(笑)」

b5-3

月島さん:「他にもカラフルなオウムが仲良く自由に飛んでいたり、おみくじを引いて持ってきてくれる鳥もいました。おみくじでは、大吉を頂きましたー!」

続いて月島さんは、お目当ての「アルパカ」へ。生まれたばかりの赤ちゃんも飼われています。

r5-5

月島さん:「アルパカにエサをあげようとしたら、『早くちょーだい!』と催促。『ツバをかけらないように注意』と貼り紙があったのでヒヤヒヤしましたが、大丈夫でした!」

r5-6

月島さん:「赤ちゃんアルパカは、つぶらな瞳で私を見つめてくれました。とてもかわいい♡ 名前はりおちゃん。女の子だそうです!おとなしくて、何度も言いますが本当にかわいすぎ!いつかまた会えたらいいな!」

園内には、アルパカなどの動物にふれ合えるエリアのほか、乗り物などのアトラクションを楽しめるエリアもあります。次回の旅ルポ・「ヨーデルの森」後編もお楽しみに!
(つづく)

旅ルポをまとめたURLはこちら!
http://bustabi.info/report/

—月島ほたるさんプロフィル—
6代目城崎温泉観光大使、ミスゆかたグランプリ。現在はフリーでモデルやタレント活動をしながら、得意の腕を生かしたハンドメイド作家として、さまざまな作品づくりにも携る。
■ オフィシャルブログ
http://s.ameblo.jp/hotarutsukishima/
■ フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009369200528
■ ツイッター
https://twitter.com/hotarururu09301
■ インスタグラム
https://www.instagram.com/hotaru0930/

「バス旅ひょうご」では、現在、兵庫県内4つのエリアで4つのフリーきっぷを提供中。工夫次第でさまざまなスタイルの旅を楽しむことができます。ぜひご利用ください!

但馬・奥播磨2デイフリーきっぷ

西播磨2デイフリーきっぷ

丹波篠山1デイフリーきっぷ

北淡路1デイフリーきっぷ

(文/バス旅ひょうご事務局・masa8an)